锌合金材料

2017年9月13日~15日、東大阪孔舎衛中学の「体験学習」として、
6名の学生を受け入れました。

「ものづくり」の面白さを肌で感じてもらおうと、実際に金属に触れて形を作る体験をしていただきました。
せっかくなので、日常で使えるステンレス製品「フルーツピック」を題材に選びました。
まずはCADを操作して、思い思いのデザインを描いていきます。

最近の学生さんはパソコンにも抵抗がなく、説明を聞きながら皆さん器用に操作していました。
出来上がったデータはレーザー加工機により、皆さんのデザイン通りのフルーツピックになりました。

デザインされたフルーツピック


その他にも、「曲げ」の実習やタッピング体験で金属の固さや重みを感じ取っていただきました。

タッピング加工


金属に触れた時の手の感覚とものづくりの楽しさを、大人になっても覚えていてもらえれば嬉しいです。